クラシックギターくらし~クラくら~

クラシックギター情報をおまとめ。初心者のためのクラギ。アンサンブル情報。

「幸福の硬貨」はどんな曲?「マチネの終わりに」作中オリジナル

「幸福の硬貨Münzen des Grücks」とは,2019年11月1日に公開が決まった映画「マチネの終わりに」の原作作中曲です。
クラシックギター曲でもあります。
この記事では,「マチネの終わりに」の内容について確認しながら,「幸福の硬貨Münzen des Grücks」の情報についてまとめています!
原作が好きな方も,福山雅治さんのファンも,クラシックギター演奏をたしなむ方も要チェックです!

目次

映画「マチネの終わりに」

マチネの終わりに,福山雅治,石田ゆり子,平野啓一郎,幸福の硬貨
映画「マチネの終わりに」福山雅治が蒔野,石田ゆり子が洋子を演じる
「マチネの終わりに」の原作は平野啓一郎で,主人公の天才クラシックギタリスト蒔野を福山雅治が演じることが決定し,話題となっています。
福山雅治演じる蒔野と恋に落ちる洋子を演じるのが石田ゆり子
西谷弘監督で制作が行われることが発表されました。

マチネの終わりにのあらすじ

マチネの終わりに,あらすじ,平野啓一郎,幸福の硬貨
マチネの終わりにのあらすじは?
まず、「マチネの終わりに」とはどういった内容なのか確認しましょう。


物語は、クラシックギタリストの蒔野と海外の通信社に勤務する洋子の出会いから始まります。
初めて出会った時から、強く惹かれ合っていた二人。
しかし、洋子には婚約者がいました。
やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまいます。
互いへの愛を断ち切れぬまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのかー

『マチネの終わりに』特設サイト|平野啓一郎
大人の恋愛を描いた作品です。
2019年,人肌恋しくなる恋愛の秋,音楽の秋に,この作品がどう映像化されていくのかが楽しみですね!
www.clakura.com

マチネの終わりに作中にはクラシックギター演奏が多数登場

音楽を題材にした作品の映像化で,一番気になるのは演奏ですよね!
事実,マチネの終わりにの作中では,クラシックギターの名曲が登場しています。
「アランフェス協奏曲」,「大聖堂 (バリオス)」,「ガヴォット・ショーロ (ヴィラ=ロボス)」などです。
中でも,「マチネの終わりに」映画化に際して最も注目すべき曲は,作中オリジナルの架空曲「幸福の硬貨Münzen des Grücks」です!

幸福の硬貨Münzen des Grücksとは

それでは一体,幸福の硬貨Münzen des Grücksはどんな曲なのでしょうか?

幸福の硬貨Münzen des Grücksの設定

幸福の硬貨とは,作中に登場する架空の映画音楽です。
ヒロインである洋子の父,イェルコ・ソリッチ監督の代表作の映画「幸福の硬貨」のテーマ曲であり,誰もが聴いたことがありギタリストに愛される曲という設定です。

幸福の硬貨は作中のラストの印象的なシーンで演奏

幸福の硬貨は,作中のラストで蒔野によりコンサートのアンコール曲として演奏しました。
蒔野は最後の1曲、幸福の硬貨を「マチネの終わりに、みなさんのためにもう一曲(a very special melody──for you)」と言って演奏します。
蒔野の演奏を観に来ている洋子は,英語のyouが"みなさん"ではなく"あなた",つまり洋子のことなのだと気づき感涙します。
観客として聴いている洋子に捧ぐ「幸福の硬貨」なのです。

幸福の硬貨Münzen des Grücksは映画では聴けない!?

そんな作中の架空曲「幸福の硬貨」は,音源化されています。
こちらがその幸福の硬貨です。

2016/10/19に発売されたタイアップCDで初めて再現されたものです。
2019年7月の時点で,映画「マチネの終わりに」では改めて書き下ろされることがわかっており,映画には採用されないことが分かっています。

マチネの終わりに小説タイアップCDとは

小説「マチネの終わりに」のヒットを記念し、作中に登場するクラシックギター曲がタイアップCDとして音源化されました。
2016年の10月19日に発売されています。
演奏はクラシックギタリストの福田進一によるもので、再録も含まれています。
注目の作中曲、「幸福の硬貨Münzen des Grücks」も、東京芸術大出身の若手ピアニスト林そよかさんによって作曲され、タイアップCDに入っています!

福山雅治は幸福の硬貨を演奏するのか?

マチネの終わりに,福山雅治,クラシックギター,幸福の硬貨
福山雅治のクラギ演奏は?幸福の硬貨は?
やっぱり、気になるのは福山雅治さんのクラシックギター演奏です。

クラシックギター演奏は難しいもの

プロのクラシックギタリスト、蒔野という役どころは演奏なしでは語れません。
しかし、世界的クラシックギタリストの演奏を何曲も再現することはいくらミュージシャンとして活躍してきた福山雅治さんでも厳しいかもしれません。
歌唱の際に弾くアコースティックギターの扱いと、クラシックギター奏法は意外と違うのです。
ですが、1曲であればどうでしょう。

"幸福の硬貨"1曲は演奏する見込みが高い!

作品を印象づける曲である幸福の硬貨。映画公開前後に、音楽番組で福山雅治さんが演奏するPR効果という側面を考えると、幸福の硬貨は代奏を立てずに演奏する可能性が高いです!
福山雅治さんが幸福の硬貨を演奏するのを想像すると、格好いいですね!

幸福の硬貨Münzen des Grücksまとめ

幸福の硬貨は、「マチネの終わりに」に登場するオリジナルの劇中曲です。
2016年に発売された小説タイアップCDに収録されました。
作曲は林そよかさん、演奏は福田進一氏です。
2019年11月1日に公開される映画「マチネの終わりに」では、初めて映像化されます。
天才クラシックギタリストを演じる福山雅治さんによって、幸福の硬貨が演奏される見込みです。
福山雅治さんが大人の恋に落ちる天才クラシックギタリストをどのように演じるか、とても楽しみですね!
また、クラシックギター界にスポットライトが当たることにも期待です!